tennai

こんにちは!ファッション専門のオークション代行(委託販売)、ブランド買取を運営するアントロワの平川です。

私は3年前に弊社アントロワを創業し、10年以上従事したアパレル販売員の経験をもとに運営を進めています。月日は早いもので最後にアパレル販売員を辞めてから実に3年半が経過しました。

今の私はアパレル販売員の頃に比べてパソコンに向かってキーボードを打ち込む仕事がとても多くなりました。アパレル販売員の頃とは真逆のような生活を送っていますので、アパレル販売員として働いて良かった点がよく見えるようになってきたと思います。

あくまで自分本位な意見ではありますが、アパレル販売員の仕事はとても楽しいものでした。日々、素敵なスタッフと素敵なお客様に囲まれ、笑顔の絶えない環境がありました。毎日、何時間もパソコンに向かって神経を尖らせている今の私にとっては羨ましい光景です。

もちろん、人間関係の悩みも尽きないですし、個人売り上げなど厳しい現実があるのは承知しています。ですが、接客業は心が喜びや楽しさで満ち溢れる感覚を持てる仕事だと思います。

私の友人にとても高学歴な方がいますが、その方も同様の理由で接客業の道に進まれました。傍からするとせっかく一流大学を卒業したのに・・・という声が聞こえてきそうな気もしますが、本人は接客業を選ばれました。

しかしながら、30代も半ばになってくると毎日、全力で店内を動き回るのも体力的に厳しいと感じるようになってきます。会社によっては店長の負担が非常に大きく、全ての業務を店舗内スタッフでトップでなくてはならないようなブランドもあります。さらに店長クラスになってくると自分に対する厳しさを持ち合わせている方が多く、もどかしく感じるものです。

そして現在、アパレル販売員として働いている皆さんはとても多くの人達に囲まれた毎日を過ごしていらっしゃいます。当たり前の光景ですので、この魅力は薄れて感じているのではないかと思います。

アパレル販売員として働くことに疲れたと感じる方がいらっしゃったら、一度離れてみると魅力を再認識できるかもしれません。

ちなみに私は叶うものなら、週2日程度で販売員の仕事にもう一度携わりたいと考えています。その為にも・・・アントロワの実店舗オープンを目指して頑張ります!

2016年8月31日 ファッション専門!オークション代行アントロワ 代表 平川 哲行