こんにちは!
ファッション専門のネットオークション出品代行サービスを運営するアントロワの平川です。

2014年も7月に入り、いよいよ夏本番といった模様です。
ここ数年、暑い夏が続いていますが、何より不快を感じるのはズバリ!汗です。

今年、私はユニクロの新作夏用インナー AIRism(エアリズム)に衝撃を受けました。

私は特に多汗症ではありませんが、夏はとにかく汗が不快!夜は寝苦しくエアコンを付けて寝ると翌日は体調不良という日々・・・。
屋外で少しでも走るものなら、汗ビッショリ。着替えようにも着替えられない状況の中、エアコンの効いた室内で風邪をひく・・・。昨年まではこのような夏を過ごしていました。

冬はヒートテックなどの保温インナーはあるものの、使える夏用の快適なインナーはないかと思い続けた今日、ついに出会いました。

ユニクロのAIRism(エアリズム)です。そのエアリズムの着心地、全てに感動した私にさらなる欲が・・・。エアリズムに勝る夏用の冷感インナーはないだろうかと早速、他社製品を試してみたのです。そして着心地、効果を徹底的に比較しました。

汗が気になる夏から解放されること間違いなしです!!

インナー1

各社の快適インナーを実際に着用!効果を比較しました!

今回、私が試したインナーは下記の4つです。
今回は様々あるインナーの形状の中でも一般的なメンズのVネックTシャツで比較します。

もちろん、クールMAXなどの超高機能なスポーツインナーなどは今回、除外です。
価格は1枚、1,000円以下。私のような一般的な庶民が毎日着れる冷感インナーの着心地、効果を比較します。

  • ユニクロ AIRism(エアリズム)
  • GU さらっとスタイル
  • セブンプレミアム BODY COOLER(ボディクーラー)
  • オリヒカ SUPER COOL(スーパークール)

今回はこちらの4種類です。この夏用のインナーの好みは人それぞれです。今回はあくまで私の個人的に感じた効果を詳しくお伝えします。各メーカーがそれぞれ公表している効果、素材の違いも明記します。かなり参考になること間違いなしです。

さらにはその他、他社が発売している夏用のドライインナーを紹介します!
以下のブランドも合わせてご覧ください!

  • イオン PEACE FIT(ピースフィット)
  • ニッセン 接触冷感インナー
  • 無印良品 涼感インナー
  • 洋服の青山 AIR BIZ(エアービズ)
  • グンゼ DEOGREEN(デオグリーン)

まずはドライインナーの新機軸!ユニクロのエアリズムから着用します!

ユニクロ AIRism(エアリズム)は軽い!伸びる!涼しい!

まずは最も知名度のあるユニクロのエアリズム、2013年まではシルキードライという名称で夏用の快適インナーを提供していました。今回、モデルチェンジを図りエアリズムとして販売が開始されました。

エアリズム

エアリズムに袖を通して、まず感じたことは軽い!ということです。一般的なインナーに比べて軽いのです。そして非常によく伸びるのです。一般的な着心地の良いインナー、下着は少し大きめだったりしませんか?

しかし、このユニクロのエアリズムに関しては下着ながら日本人男性の体型に合わせていると強く感じるのです。さらに、着ている感覚が薄いんです。着ている感覚はほとんどありません。

エアリズム1 エアリズム2

そして忘れてはいけないのが汗の吸収力です。ユニクロのエアリズムは汗をかいていないと勘違いします。なぜならすぐに吸収するので汗が身体の表面に残っていることが分からないのです。

私はこのユニクロのエアリズムに感動しました。今となってはインナーはエアリズムしか着ません。まさにアンダーウエア革命です。

次にエアリズムのメリットとデメリットをまとめます。

エアリズムのマテリアル

ポリエステル85%・ポリウレタン5% ※アイテムにより若干の違いあり

エアリズムのメリット(効果と着心地)

  1. 軽いので着ている感覚がない
  2. よく伸びるので着ている感覚がない
  3. 汗を吸収するので常に快適
  4. 接触冷感でひんやり
  5. 型崩れしずらい素材で常に状態良好
  6. 抗菌・防臭、さらに消臭
  7. 汚れが付きづらい

エアリズムのデメリット

  1. 生地の質感に抵抗を感じる方がいる可能性あり
  2. 着用回数が増えると白色は薄く変色の可能性あり

スポーツウエアにあるようなシャリ感のあるポリエステルとポリウレタン生地です。このような素材を好まない方もいるようです。いわゆる一般的な綿などの天然繊維ではありません。

そして私は白のエアリズムを毎日着ていますが、洗濯するにつれて色が灰色に近くなってきているよに感じます。個人的にはスポーツウエア、ゴルフウエアなどの吸汗速乾素材と同様なインナーを日頃から着用できる素晴らしいインナーです。

このエアリズム、メンズ、レディースサイズはもちろんのこと、Tシャツやタンクトップ、アンダーウエアやステテコなどの様々なタイプをご用意しています。様々なカラーを揃えています。

ユニクロ1ユニクロ2

ユニクロ(ファーストリテイリング社)の公式ホームページはこちら!

GU さらっとスタイルはとにかく安い!その効果は?

ユニクロのエアリズムを試して感動した私ですが、インターネットで情報を集めるとGUの「さらっとスタイル」はエアリズムと効果が変わらないとの意見が多く見受けられました。

エアリズムはメンズの半袖タイプで990円、さらっとインナーは790円。効果が変わらないのなら「さらっとスタイル」に軍配が挙がるのは言うまでもありません。さらにGUの冷感インナーは限定セールで490円で購入、エアリズムの半額程度まで下がることもあるようです。(ユニクロのエアリズムも690円~790円程度になることがあるようです)

さらにストレッチ素材が入っていないタイプだと2枚で790円という驚きの安さです!

gu

その効果を知るべく早速、着用してみます。

触り心地は若干、エアリズムと比較して厚地のように感じます。素材は同じようなポリエステルタイプ、名称通り、さらっとしています。ですが、厚地になることでエアリズムに比べて硬さを感じます。それでは着心地はどうでしょうか?

あれ?小さい??間違ってMサイズを購入してしまったのでは、と確認しましたがLサイズで間違いありません。つまり、エアリズムに比べて同じサイズでも、小さめの作りなのです。残念ながら一般的なLサイズの私には少し窮屈に感じてしまいます。(私は決してLLを着ることはありません)

この時点でエアリズムに比べて大きく減点。そして生地が厚い分、ハリ感があり伸縮性があまりありません。結果、エアリズムに比べて着心地が良いとは言えません。

GUインナー

汗を吸収する力など重要な部分はエアリズムと大きく違いはないように感じます。涼しく汗もしっかりと吸収してくれているように感じます。ですが、締め付け感を感じるのが好まない私にとっては価格が多少上がってもリピートはありません・・・。

それでは、GU「さらっとスタイル」のメリットとデメリットをまとめます。

さらっとスタイルのマテリアル

ポリエステル90%・ポリウレタン10%

さらっとスタイルのメリット(効果と着心地)

  1. 価格が安い!
  2. 汗を吸収するので常に快適
  3. 接触冷感素材でひんやり
  4. 汗などの臭いも防ぐ
  5. 型崩れしずらい素材で常に状態良好
  6. 汚れが付きづらい

さらっとスタイルのデメリット

  1. サイズ選びに注意が必要(小さめの作りです)
  2. 着心地(伸縮性)で他社に劣る

何度も言いますが、私はこの着心地があまり好みではありません。ですが、着る人によっては好まれる方もいると思います。また、エアリズムやボディクーラーよりも厚地なので肌着を着ている感覚は薄いと思われます。つまり、あまりお勧めはしませんがトップスとしての着用もできないとも言い切れない生地感なのです。

GU(ファーストリテイリング社)の公式ホームページはこちら!

セブンプレミアム BODY COOLER(ボディクーラー)は少し違う!その効果は?

セブンイレブンで購入できる夏用の冷感インナー、セブンプレミアムのボディクーラーも試します。24時間コンビニで買えるので購入のしやすさはピカ一!マイナス2度を体感できるインナーとしてCMなどで人気を獲得しています。

bodycooler

それでは早速、パッケージを開けて触り心地を・・・。

ん?以前の一般的な肌着と同じ??

エアリズムに衝撃を受けた私は新型の高機能インナーはポリエステル素材というのが常識になっていましたが、良い意味で裏切られました。今回の3つの夏用インナーの中で唯一、綿素材を65%も使用しているのです。

7 71

着用した感じはハリ感のない、まさに肌着です。中高年層などのポリエステル素材に慣れていない方は抵抗なく着用できます。綿素材で非常に薄い生地のため、他社に比べると貧弱な印象を受けます。ですが、汗を吸収するなどの効果はやはり大差がないようです。

さらに部屋干しや汗の臭いを消してくれる効果があります。この効果に関してはさほど実感したというものではありませんでした。また、ストレッチ素材は使用せずに薄さでの着心地に特化しています。また、柔軟剤の香りが残りやすいのも特徴とされていますのも特徴です、好きな匂いで着用できることを好まれる方もいるのではないでしょうか?

セブン&アイグループは綿素材特有の吸湿性をグレードアップさせたエアリズムや、さらっとインナーとは違った観点で快適な夏用インナーを開発しました。天然繊維の自然な着心地が好きな方にはこのボディクーラーがお勧めです。ただし、天然繊維の特性上、着用や洗濯によって縮みや変形、さらには生地に黄ばみなどの汚れや付きやすいので注意が必要です。

それではセブン&アイ「ボディクーラー」のメリット、デメリットをまとめます。

ボディクーラーのマテリアル

綿65%・ポリエステル35%

ボディクーラーのメリット(効果と着心地)

  1. 天然繊維の柔らかい着心地
  2. 内側の温度の上昇を抑えるので暑い日は快適
  3. 部屋干しや汗の臭いを軽減
  4. 柔軟剤の香りが残りやすい
  5. 生地が薄く着ている感覚があまりない
  6. コンビニで24時間購入できる

ボディクーラーのデメリット

  1. 素材上、汚れや変形など劣化が起きやすい
  2. ストレッチ素材は入っていない

ボディクーラーはメンズ、レディースサイズはもちろん、キッズサイズまで充実しています。違いが少なそうで実は多い、さらに種類も豊富な優秀インナーです。セブンイレブンの他にも位トーヨーカドー系列のスーパー、ザプライスなどでもたくさん販売されています。

ボディクーラー

イトーヨーカドー・ファッション・ポータイルサイト公式ページはこちら!

オリヒカ SUPER COOL(スーパークール)は意外な実力を発揮!

意外と面白い快適なインナーがこのオリヒカのスーパークールです。

私の自宅近くにオリヒカのショップがあったため覗いてみたところ・・・ありました!
メンズのTシャツとノースリーブのみの展開となりますが価格はなんと税込500円です。

オリヒカ1オリヒカ2

吸水速乾、防菌防臭といった最低限の機能性といった印象です。ポリエステル75%と綿25%という他社とは違った組み合わせです。
ポリウレタンなどのストレッチ素材は入っていません。
あまり期待せずに着用してみます・・・。

ん、伸びるね!?・・・。

なるほどそういうことですか。
こちらの生地はかなり編み目の大きなメッシュになっています。まるで病院の包帯や腹巻きに近い感覚です。編み方で伸縮性を作り出しています。

さらにビジネスウエアで人気のオリヒカだからこその深いVネック!Yシャツから見えないことを売りにしています。

ただし冷感素材ではありませんので、着用すると多少の温かみを感じます。エアリズムのようなひんやり感はありません。

スーパークールのマテリアル

ポリエステル75%・綿25%

スーパークールのメリット(効果と着心地)

  1. 吸水速乾性のドライ
  2. 抗菌・防臭の効果あり
  3. VネックはYシャツに合う深いVデザイン
  4. メッシュ生地で着心地が良い
  5. メッシュ生地で風通しが良い

スーパークールのデメリット

  1. 冷感素材ではない
  2. 洗濯後に縮み易い(乾燥機不可、形を整える必要あり)

ORIHICA(オリヒカ)公式ホームページはこちら!

快適インナーは効果よりも着心地が大事

3社3様(GUとユニクロは同じ会社ですが)同じような快適なインナーでありながら、実は着心地が全く違うのです。効果よりもまずは着心地が大切です。

おそらく袖を通しただけで皆様の好みは変わることでしょう。どのメーカーのインナーが良いかは皆様の好みと思います。

私のお気に入りはユニクロ「エアリズム」

4社を試した結果、私はユニクロのエアリズムがお気に入りです。その理由はまさに着心地です。何より着心地が私の好みなのです。今となってはエアリズム以外の、さらっとインナーやボディクーラーを着ることはありません。さらにTシャツだけではなく他の下着もエアリズムに全て変えました。

エアリズムを着ている日と着ていない日では気分が全く違います。エアリズムではない日はどこか気分が優れず、洋服の内側がどうしても気になってしまうようになりました。

本日もユニクロでエアリズムをゲット!今回はノースリーブのインナーとボクサーパンツです。どんどん増えていきます。

ユニクロ3photo1-(2)

エアリズムを超える!?各社から様々な冷涼インナーが新発売!

実は夏向けの冷感インナーはその他、様々な会社から販売が開始されています。今回、いくつか紹介したいと思います。もし、上記3つのインナーでご満足いただけないようでしたら、これから紹介するインナーも是非、お試しください。

イオン PEACE FIT(ピースフィット)は目的別に提案!

また、公式ホームページやCMでのインパクトはこちらの商品が一番です。面白い画像が使われていると思います。イオンのトップバリュは除湿、速乾、冷涼感、さらに消臭などといった目的別に冷感インナーを提案。さらには編み生地の違いまで選ぶことができます。

ピースフィット

イオン製品のみで夏の快適インナーの効果を比較できてしまうほどのラインナップです。私は試していませんが、様々な種類があるので、今後、一度は試してみたいと思います。全国のイオンスーパー、ネットショップなどでも購入いただけます。

イオン・トップバリュ公式ホームページはこちら!

ピース1

ニッセン 接触冷感インナーはGUより買い得!?

カタログ通販で有名なニッセンでも接触冷感インナーが発売されています。確認したところVネックの半袖Tシャツタイプが4枚組で1,990円~!1枚当たり498円という驚きの価格です。抗菌防臭加工付き。品質はポリエステル55%・レーヨン25%・キュプラ20%(天竺)、エアリズムに近いように思えますが、キュプラ素材はかなりサラサラ素材なので好みの方も多そうです。

カタログ通販ニッセンのオンラインストアはこちら!

ニッセン

無印良品 涼感インナーは綿100%の自然派

無印良品でも夏用のインナー・肌着は多く販売されています。特に涼しく着用できる「涼感インナー」に注目です。多くの会社がポリエステルの機能素材を使用する中、綿100%の夏用となります。価格は少し高めの1,500円。肌の弱い方には優しい、無印良品のインナーです。

無印インナー

無印良品の公式ホームページはこちら!

洋服の青山 AIR BIZ(エアービズ)も機能性バツグン!

紳士服で有名な青山からはエアビズというドライインナーを紹介します。ポリエステル86%、ポリウレタン4%とエアリズムに近い素材です。ドライインナーの特徴は抑えつつ、ビジネスマンのスーツやオフィスカジュアル、フォーマルなシーンでもカッコ良くデザインされているシルエットが特徴です。メンズサイズはレギュラーフィット、スタイリッシュフィットと形も選ぶことができるのです。ユニクロのエアリズムやさらっとスタイルに近い生地感ですが、ビジネスシーンで重宝するかもしれません。洋服の青山では他にも様々なインナーを販売しているので要チェックです。

青山ドライ 青山ドライ2

洋服の青山 公式ホームページはこちら!

グンゼ DEOGREEN(デオグリーン)は中高年に人気!

肌着専門、グンゼが提案する消臭下着のデオグリーンを紹介します。グンゼの下着を販売する百貨店やスーパーマーケットなど多くのお店で販売されています。綿35%、レーヨン35%、ポリエステル25%、ポリウレタン5%というドライインナーとしてはベーシックなアイテムです。特に「加齢臭防止」と提案するだけのことはあり、中高年の支持を得る夏用ドライインナーです。

グンゼドライ

グンゼ公式ホームページはこちら!

暑がりの方、汗が気になる方はインナーで夏が人生が変わる!

私は昨年の夏に1人で台湾を旅していました。暑い日の外歩きはどうしても汗が吹き出てきます。吸湿性の弱いインナーでは冷房の効いた百貨店、ショッピングセンターでは汗が冷たく感じられ、終いには風邪をひいてしまいました。

また、汗はピアスやブレスレット、時計などと科学変化を起こしアレルギーとなることもあります。いわゆる金属アレルギーです。このような問題にも多少の効果を発揮できそうです。

汗が吸湿され、すぐに乾くので実際は汗を感じることが少なくなります。日々の快適さに雲泥の差が生じます。快適さは仕事にも好影響を及ぼします。快適なインナーに出会えていない方はすぐにお試しください。今年から夏が、人生が変わります!

2014年7月6日 ファッション専門!オークション代行アントロワ

ヤフオクストアバナー下20140715